確定申告

  • 2018.02.19 Monday
  • 00:23


 

Jリーグ始まるまでに出しちゃいたいと
 
頑張ってます。
 

 
廃業やら 離○やら あったし
 
いまは フリーターw やし
 
いまいちよーわからんとこだらけで
 
水曜休みとったから 朝から税務署詰めてみる。
 
気分転換で散髪に駒川行って
 
地域随一の素晴らしい本屋さん 「アセンス駒川店」で
 
こんな本買った
 

 
今は 自営業ではないが
 
笑い事でないのだよ 笑
 
気分転換どころか
 
背筋が・・・・・・ひゃー
 
ではー。

 

FUJI XEROX SUPER CUP〜良い感じ!

  • 2018.02.11 Sunday
  • 10:36


 

 

天皇杯を制して、初めて参加した『FUJI XEROX SUPER CUP』
 

リーグ王者の川崎を降して勝利!いや、嬉しい!!感謝感謝、ありがとう!!!
 

勝ったことはもちろん、本当に良いサッカーをしていたと思う。
 

控え選手、新加入選手も上手く試すこともできて、そういう意味でも良い試合だった。
 

持ち味を見せ、結果も出した高木
 

大人な選手として存在感を出したヤン
 

ACLを闘う今シーズン、本当に楽しみで頼もしい存在になってくれる予感満々。
 

チーム全体で良い仕上がりでしたが
 

選手個々でもいろんなことが見えた試合やと思います
 

個人的には松田陸の守備面での成長というか集中力が素晴らしかったと感じました。
 

皆さんはどうでしたか?

 

 

本当に良い感じだったので、ここで1曲お届けしましょう!
 

昨日からこの曲の「あの」フレーズが流れまくりで
 

改めて聴いたら、めっちゃピッタシな歌詞やん!って感じでしたので
 

では、ぜひ聴いてください。
 

『これが私の生きる道』PUFFY です!
 



 

 

 

あまりに「良い感じ」すぎて
 

 

夏場前あたりで・・・・・・なんて心配も頭をよぎりますが。
 

実況も「セレッソは昨年9敗のうち6敗を夏場に喫しています」なんて言ってましたが
 
「なんとかしてくれる」と信じましょ。
 
なんくるないさー、ケセラセラ。
 
今から心配してても仕方ないし
 
一年通して順風満帆に行くわけないのは皆判っていることやしね。
 
とにもかくにもこの試合で
 
素晴らしいプレーをしてくれた選手に感謝
 
素晴らしい仕事をしてくれたスタッフに感謝
 
このチームを応援出来ることを誇らしく思います。
昨年獲り逃がした あの一番でっかい星を 取り返しに行きましょう。

 
どこよりも短いオフを終え
 

新しいシーズンが始まりました。
 

今シーズンもここは「開店」して参ります。
 

近況も少しずつお知らせして行ければと考えています。
 

今シーズンもどうかよろしくお願いいたします。

 

 

小林雅宣

 

映画『花筐/HANAGATAMI』

  • 2018.01.28 Sunday
  • 01:33

 

大阪初日、2回目の鑑賞。
 

 

東京は昨年末から公開していて、天皇杯で上京した際に我慢できず観に行った。
 
その時観た感想メモにはこんなことを書いている。
 
「発想、映像美、演出、演技、メッセージ。いきなり受け入れて消化出来ない」
「青春、戦争、性、希望、情熱、恐怖、哀しみ、そして死。全部ひっくるめて
 せまられても正直困る。なんて映画を撮ったんや、だからもう1回観ます。」
 
つまり、1回目でついていけなかったんですね。私。
 
映画ってのが娯楽動画だとしたら、この映画はダメな映画なんでしょう。
 
初見で感動し、笑え、心に残る。
 
もちろんほとんどの映画がそういう作品であり

名作って言われる映画も大概そうなんですが。
 
でもこの作品はそうではなかった。

少なくとも僕には。

 
それで今日の2回目。
 
登場人物が自分の中で整理され、少し予備知識も備わったことで
 
それぞれの人の想いが、腹に染みた。
 
本当にかっこいい、分厚い作品なんですよ。
 
でもわざと壊してるところもある。
 
だって主役的3人の16歳少年役をやってるのが
 
窪塚 俊介36歳、満島 真之介28歳、長塚 圭史42歳。

そして彼らの普通ではない演出。
 
劇中ずーっと音楽が流れて、それが1つの曲や歌でなく
 
違う曲や歌が重なってイメージを塗り込んでくる。
 
そしてそれらの曲や歌に重要なメッセージがあったりする・・・・・。
 
大林宣彦っていう方は、今日の舞台挨拶のお話からも伝わったけど
 
映画の好き度が普通じゃ無さ過ぎで
 
その好きを遠慮なくスクリーンに塗り重ねていく。
 
背景、人、物、色、音、声 戻ったり、繰り返したり。
 
まるで重厚な油絵のような映画を作っているような気がします。
 
何時間も何時間もその絵を眺めることによって
 
「はっ」と気づくことがある。そんな感じかな。
 
だから何回観ても良い、その度に新しい発見ができる。
 
やはりこれは、芸術としてみたら凄いことなんじゃないかと思うのです。


舞台は日中戦争から太平洋戦争へと戦争が拡大して行く時代
場所は佐賀県・唐津

そんな戦争の時代を生きる若者の青春譚です。

ですが、普通じゃないのです青春譚でないかも知れません。

なんて言うか、僕なんかが文字にすると嘘になってしまう気がします。

きっと言葉でなく映像なんでしょう。

セリフは良いんですよ。いっぱい頭の中にあります。

でもそれらの言葉も、映像なんですよ。

ここに書けない。

そのへんちょっと、手塚治虫的なんかも知れない。

すいません。意味分かんないですよね。

でも、観て欲しいな。3時間近いけど。

2、3回観ないとアカンけど。

いや、そんなことはない(笑)

あ。門脇麦 が凄い良いです。

一番影薄くて良い「寒い」役ですが。

麦 必見です。



では(スミマセン!)

 

『S』ー 高木まひことシェキナベイベーズ

  • 2018.01.20 Saturday
  • 00:45

 

高木まひことシェキナベイベーズ!

 

梅田シャングリラのライブより帰って来た。

 

その熱が冷めないうちに日記に書いておこう。

 

「レコ発・ワンマン」ニューアルバム『S』

 

5年ぶりのニューアルバム。

 

確かにだいぶ待った。 

大丈夫か・・・ そんな心配が脳裏をよぎった事もあった。

 

でも、この5年間が 空白ではなく

 

この5年間があったからこそ そんなライブだった。

 

これまでの「シェキナ」の根っこは揺るがずに

 

多彩に伸びた幹に新しい果実が実っているような

 

そんなライブに感じた。

 

新しい曲はもちろん

 

ファーストアルバムの古い曲も瑞々しく輝いていた

 

いや、嬉しいな。

 

以前、対バンで共演したバンドのリーダーがツイッターで書いていた

 

「シェキナの4人は奇跡の4人、ほんと羨ましい」

 

本当にそうだと思う。

 

この『S』のレコ発・ツアーは今日がスタート。

 

日本全国30か所以上 半年かけて日本全国を周る。

 

ツアーファイナルは6月10日・梅田シャングリラ。

 

今日の新しい果実が 更に熟して帰って来るのが楽しみで仕方がない。

 

 

セレッソがあって出遭った「大阪のバンド」

 

「ムーヴメンタル」で今もセレッソの中に息づく

 

『S』に納められた

 

「12番目」にクレジットされた曲

 

桜道ーHANAMICHI−

 

  桜道を駆け上がれ 新しい風よ吹け

      振り向かずにさあ行こう この胸に君のうた

 

 

大阪の街から 世界に

 

共に駆け上がれれば 最高やな。

 

 

 

パスタ処ざくろ

  • 2018.01.07 Sunday
  • 15:28

 

今日は『パスタ処ざくろ』さんをご紹介します。

 

大阪城も近い大阪のど真ん中、谷町3丁目にある老舗のパスタ屋さんです。

この地でお店を始めて40年以上。ボリュームたっぷりでリーズナブルなパスタ&PIZZA&お料理&お酒。ランチも夜も地域のお勤めの方を中心に大いに賑わっているお店ですが、なんと店主の東谷さんがセレッソに魅せられてしまってからはセレッソ色満開のお店になっているのです。

 

 セレッソファンの悲願!天皇杯優勝をうけて早速フェアをやってはりました。
  「祝☆セレッソ大阪二冠獲得 
           ざくろのタイトルおめでとうフェア」
 いや、嬉しいですね。僕もスパークリングワインで乾杯がしたくて早速予約。昨日の夜に行って参りました。土曜日でしたので10パーセントOFF!!嬉しい限りです。このフェアは2月18日までやっていますのでぜひみなさんも行ってみてくださいね。めっちゃお得ですから!!
  
先ずは予約特典「乾杯のスパークリングワイン」いやー、本当に優勝って良いもんですね。もちろん店内のテレビでは天皇杯決勝の試合が。美味しい料理とワインを楽しみながらあの日、元旦の感動が蘇って来ます。
    
写真のメニューは 「本日の海鮮カルパッチョ」
         「バジル風味のポテトサラダクレープ包みグラタン」
どちらも凄い美味しかった!特に「バジル風味のポテトサラダクレープ包みグラタン」はぜひ食べて下さい。寒い時期にアツアツのこの1品は最高でした。「これ美味しいですね!」って尋ねたら「人気ナンバーワンですね」と。さすが俺、お目が高い(笑) 他にも小皿を数品いただいてワインも進みます。なってたって小皿料理はALL300円ですから。もう一度言います。オール300円ですから居酒屋使いも全然OK!って感じです。でもやっぱり気になるパスタもスタッフの方と相談して注文します。
ミートソース
 
 人気ナンバーワン(今度は聞いた)のミートソース!パスタは平べったいやつ。(教えて頂いたがわすれた)ソースのミートは和牛だそうで本当に濃厚で美味し!スプーンすくってで微塵のソースも残しませんでした。

チキンのローストマスタードソースサクサクコーンフレーク
今度は「小皿」じゃない一品料理を。これも「これは食べて欲しいっていうの」ってリクエスト。少々考えて決めていただいたのが「チキンのローストマスタードソースサクサクコーンフレーク」でした。プリプリの鶏のモモ肉にコーンフレークをまぶして焼いた逸品。肉汁とマスタードソース、それにフレークも染みてお肉と一緒に・・・・・うーん、トレビアーンって感じです。この料理もぜひ外さずいただいてくださいね!
そして最後のパスタはパスタ処ざくろ創業からずっと変わらない味でやっている「明太子」をいただきました。するとスタッフの方が「お腹に余裕がありましたら、ぜひガーリックのバケットでにソースを付けて召しあがってください」と言われたので迷わずバケットも注文しました。
明太子   
なかなかこんな美味しい明太子スパはいただけないですね。固めのゆで具合と上品な明太子ソースのからみ具合が最高でした。そして仕上げのガーリックバケット&明太子ソース。一言、幸せでした!そしてお腹もいっぱいにワインの酔いの心地イイ〜☆
こんな本格的パスタやお料理とワインが楽しめるお店ですが、昨シーズンから『セレッソ大阪アウェーゲーム観戦会』も実施しています。観戦会限定メニューや様々なお得情報盛りだくさんなんでぜひ一度観戦会にもご参加ください。もちろんランチから夜の様々なリクエストにもお応えしてはります。コースやセット、ハッピーアワーなどお客様のニーズに合わせられる対応は本当に素晴らしいと思います。セレッソファンならずとも一度行って下さい、満足できると思いますよ!
 
セレッソバンダナも勇ましい東谷さん。
ほんとうにごちそうさまでした。
 『パスタ処 ざくろ』
 大阪市中央区谷町3−7−4青山ビル1F
 06−6943−4427
 ぐるなび
 フェイスブック

 

 

謹賀☆新年 −天皇杯優勝!

  • 2018.01.04 Thursday
  • 20:47

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新年あけましておめでとうございます!

 

遅いごあいさつになってしまい申し訳ございません。

元旦から3日間、そのまま東京に滞在して4日朝に夜行バスで帰って参りました。東京には度々行ってますが、あまりゆっくり滞在したことがなかったので、気ままに過ごさせて頂きました。東京の皆さまのおかげで楽しい三が日が過ごせました。本当にありがとうございました。

 

で、で、、そのお正月・・・・・そう元旦。ついに、ついにセレッソ大阪が。やっと、やっとセレッソ大阪が天皇杯制覇を成し遂げてくれました。セレッソ大阪として3回、ただ涙を飲んで掲げるライバルの姿を見上げるだけだった天皇杯。ついに僕らの選手たちが掲げることが出来た。その姿を目にすることが出来た。本当に本当に嬉しいです。おめでとう。そして心から感謝です。

 

天皇杯優勝。ずっと願い続けていたことが実現して、嬉しさと同時に感じたことがあります。『優勝して、あの負けた時の悔しさを晴らしたい!』ずっとそう思って毎年応援してきた。2度、3度負けを重ねる度にその思いが募っていっていたけど、今回優勝を目の前で見て、あーそれは違うたんやなぁと実感できた。優勝した嬉しさに、こびり付くように過去の悔しさが蘇って纏わりつく。なにもかも忘れて叫び、喜び合いたいのに邪魔をしてそれが出来ない。結局「一度経験した悔しさはもう消すことは出来ない」ってことなんですね。よー考えたら当たり前のこと。過去を引きずってるからそう思うだけ。でも、心に残ってしまう思いみたいのはどうしようもないですよね。

 

だからやっぱりチームは強くならなアカンってことかと。ここで言ってる悔しさも、決勝まで行ったから残ってる訳で、下部チームに負けた天皇杯の試合とか全然残ってないですから。だからリーグ戦も含めて常にタイトル意識出来る争いをして、最高に悔しいと最高に嬉しいを積み上げて行く、そんなチームになって欲しいと心から願います。こんなこと考えたり思ったり出来るのもタイトル獲ったから。そういう意味でも本当に嬉しいし、感謝。だから最高のタイトル「リーグ優勝」も今の体制、チームで掴みたいな。

 

ただひとつ。これは忘れたらアカンこと。クラブの価値はタイトルだけで決まらないということ。タイトルを獲った今だからこそよりそう思う。「大阪の街のクラブ」として人と地域など様々ことでも愛されるクラブになる。そのために僕らも頑張らな!ですね。

 

はい。僕も頑張りまーす。

 

では。

 

 

 

感謝 セレッソ 2017

  • 2017.12.27 Wednesday
  • 22:23

 

神戸に勝って天皇杯決勝進出を決めたあとの長居の街は

 

文字通りピンクで溢れていた。

 

元旦決勝。選手にとってもファンにとっても檜舞台。

 

街はその喜びで溢れていた。

 

ファンとして、本当にもう感謝しかない。

 

選手全員に、監督を筆頭としたスタッフ全員に。

 

こんな素敵な時間と気持ちを与えてくれたことに感謝しかない。

 

本当に、本当にありがとう!サイコーです!!

 

 

2017年のセレッソは最高の笑顔に包まれて幕を閉じた。

 

そして2018年。元旦決勝。

 

この日願わくば、最高の笑顔になった選手たちに

 

心から「おめでとう」を伝えたいですね。

 

 

 

(久々の更新です。ルヴァン獲って書けなくなってました。なんでかとか書くと長くなるので書きません

 ただ、人の心て複雑やなーって改めて実感しました。その間もアクセスや、FBのぞいてくれた方々には

 本当に申し訳ありませんでした。次は年明けになると思いますが、これからも続けるのでよろしくです!)

                                           小林雅宣

 

 

 

 

長居四社詣

  • 2017.11.03 Friday
  • 15:40
ルヴァンカップ決勝戦を前にした朝、気持ちを整理するために神社にお参りして来ました。
 

 

ホーム・長居スタジアムを中心に東西南北にある神社への参拝
 

人呼んで!(呼んでないw) 『長居四社詣』
 

 

北に『山阪神社』


 

西に『神須牟地神社』


 

 

 

南に『保利神社』


 

 

 

東に『素盞嗚尊神社』(鷹合神社)


 

 

特に意味はなく、この順で巡って参りました。個人的に神社はお願い事をして何かを求める場所ではないと思っていますので、今日も「必勝祈願」とかでではなく、大一番を前に地元ホームの神様にご挨拶をして、「心を通わせられていただければ」 そんな思いで巡って参りました。どの神社も街の中にありますが、境内は緑豊かで心が落ち着きます。そしてそれぞれ、個性というか流れる空気感は違うものがあります。周辺の街並みにもよく見ればいろいろな発見があってとても楽しい。そしてどの神社にも大きな楠があります。大まかな場所さえ押さえておけば街並みの屋根の向こうに大楠の緑を望めればそこが神社です。長居四社詣にグーグルマップは不用ですね。改めてこの街、この地域に愛着が湧きました。皆さんもぜひ、機会ある時には巡ってみられてはいかがでしょうか。

 

僕らのスタジアムがある長居公園は、それを遠巻きに鎮座される、この四社に守られているように感じました。この地元の気のようなものを心に持って、明日は埼玉スタジアムに向かえればと思います。いよいよ、明日です。来られる方は埼玉スタジアムでお会いしましょう!

 
では。
  • 0
    • -
    • -
    • -

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728   
    << February 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM